取り扱い原料

ソウヒョウショウ/カマキリの卵鞘

原料概要
カマキリの卵鞘は「桑_蛸」と呼ばれ漢方素材の中でも珍重されているものです。卵鞘は卵を包む固定化した泡で、その気泡内はたくさんの空気を含んで断熱効果を持ち、急激な外気の変化や衝撃から卵を守る役割をしています。小さな卵一つ一つを用いる訳ではなく、この卵鞘ごと素材にするのです。カマキリは春に生まれ、秋には卵を産み死んでしまいます。ふわふわの泡に包まれたカマキリの卵には次の季節へと向かう子孫達の強力なエネルギーが蓄えられているのです。桑オ蛸はそのカマキリのエネルギーを余さず生かすために卵鞘ごと用いる漢方素材なのです。晩秋から春にかけて採取し、三十?四十分蒸らす・炒めるなどして中の卵を殺してから乾燥させ使用します。たんぱく質・脂肪・鉄・カルシウムなどを含み、甘くて少ししょっぱい味がするそうです。桑オ蛸は「腎」と「肝」の動きを助けるといわれています。
【美容・美肌】
原料
この原材料に関してのお問い合わせはこちらより

お問い合わせ

戻る

取り扱い原料

ご検討中のお客様へ

健康食品のOEM受託製造はシンギーにお気軽にご連絡ください。

品質管理体制

NB製品

モニター大募集

「赤脚医生」

特許・学術論文

ANT愛飲者の里中満智子先生のホームページ

採用情報