取り扱い原料

女貞子(ニョテイシ)/トウネズミモチ

原料概要
女貞子はモクセイ科ネズミモチの成熟果実で、味は甘く、苦く、少し冷やす性質があります。 中国の古典"神農本経"に「果実は中を補し、久しく服すれば、肥健にし、身を軽くし、老いず」とあります。女貞子の"女貞"の名前の由来は、冬の寒さをしのいで、なお青々としているところから、貞守の操があるとして貞女を形容して名づけられました。女貞子は「肝」「腎」を補益し、ものをはっきりと見えるようにし、身体を冷やす作用のある体液不足による熱感を抑えます。白髪、腰や膝のだるさ、頭のふらつき、眩暈、ほてり、視力減退、目のかすみなどに用います。二至丹などの漢方薬に配合されています。
【目のお悩み】
原料
この原材料に関してのお問い合わせはこちらより

お問い合わせ

戻る

取り扱い原料

ご検討中のお客様へ

健康食品のOEM受託製造はシンギーにお気軽にご連絡ください。

品質管理体制

NB製品

モニター大募集

「赤脚医生」

特許・学術論文

ANT愛飲者の里中満智子先生のホームページ

採用情報