Materials

取り扱い原料一覧

蜂の子 (ハチノコ)

クロスズメバチ、ミツバチ、アシナガバチなどの幼虫で、古来貴重な蛋白源をして珍重されてきました。
蜂の子は、働き蜂(雌蜂)、雄蜂、女王蜂からなりますが、与えられる食物に差があるため、ローヤルゼリーを成虫になるまで与えられる雄蜂や女王蜂や働き蜂(雌蜂)とでは、体格や栄養状態が大分異なります。
漢方では、滋養強壮、自律神経バランスの乱れによる耳鳴りやめまいなどのトラブルを緩和する目的で配合されます。

蜂の子

特徴など

中医学における蜂の子の位置づけ

約 2000 年前に著された、中国最古の薬物学書『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)』にも、蜂の子は「蜂子(ホウシ) 」の章で見られ、最高ランクの「上品」に位置付けられている。

効能としては、「頭痛の改善」、「衰弱している人や内臓機能に障害を受けている人の気を補う」、また、「長期間の服用によって皮膚に光沢が出て顔色がよくなる」、「年齢を重ねても老衰しなくなる」などが挙げられており、現代でも聞こえる体感の声と類似している。

シンギーの蜂の子「ビージソン21」

蜂のコロニーの95%は働き蜂(雌蜂)からなり、そのうち0.1%に満たない中に女王蜂候補の幼虫、残りが雄蜂の子からなります。

「ビージソン21」は、この雄蜂の子のみを使用しており、生後21日目の最も栄養価が高いといわれる時期の蜂の子に限定しています。

本ページ内に記載の技情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。 これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に使用することはお避けください。

キーワードから探す

50音・アルファベットから探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

お問い合わせ

健康食品・サプリメント、化粧品などOEM受託製造のご相談・お見積りはこちらからご連絡下さい。

トップへ戻る