Materials

取り扱い原料一覧

蕁麻 (イラクサ)

イラクサは本州・四国・九州に分布する多年草。茎や葉には、触ると痛みのある刺毛があります。葉は長さ5~15cmで、9~10月に淡緑色の花を咲かせます。先端部分は針になっており、液体をが入っている嚢があります。この液体にはヒスタミンとアセチルコリンを含んでおり、棘に触って胞嚢がやぶれ、液体が皮膚につくと強い痛みを催します。イラクサは、欧米の植物療法には欠かせない非常に重要なハーブとして知られ、はるか昔(2000年以上昔の古代ギリシア時代)から現在に至るまで、さまざまな症状に用いられています。  
イラクサ

本ページ内に記載の技情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。 これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に使用することはお避けください。

キーワードから探す

50音・アルファベットから探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
トップへ戻る