Materials

取り扱い原料一覧

ソウヒョウショウ

カマキリの卵鞘は「桑螵蛸」と呼ばれ漢方素材の中でも珍重されているものです。卵鞘は卵を包む固定化した泡で、その気泡内はたくさんの空気を含んで断熱効果を持ち、急激な外気の変化や衝撃から卵を守る役割をしています。小さな卵一つ一つを用いる訳ではなく、この卵鞘ごと素材にするのです。カマキリは春に生まれ、秋には卵を産み死んでしまいます。ふわふわの泡に包まれたカマキリの卵には次の季節へと向かう子孫達の強力なエネルギーが蓄えられているのです。桑螵蛸はそのカマキリのエネルギーを余さず生かすために卵鞘ごと用いる漢方素材なのです。晩秋から春にかけて採取し、30~40分蒸らす・炒めるなどして中の卵を殺してから乾燥させ使用します。たんぱく質・脂肪・鉄・カルシウムなどを含み、甘くて少ししょっぱい味がするそうです。桑螵蛸は「腎」と「肝」の動きを助けるといわれています。

本ページ内に記載の技情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。 これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に使用することはお避けください。

キーワードから探す

50音・アルファベットから探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
トップへ戻る