Materials

取り扱い原料一覧

裏白柏 (ウラジロガシ)

別名:

  • 排石茶

ウラジロガシは、葉の裏が白いことから裏白樫と名づけられました。その葉から作られたお茶は、古くから結石症の薬として使われ、別名「排石茶」といわれています。主成分のカテコナール・タンニンは、カルシウムやリンを排出するため、結石が生成されにくくなります。さらに結石を溶かす作用があるため、膀胱結石や腎臓結石、胆石、尿路結石の改善に効果があります。葉には、フラボンや脂肪酸、トリテルペンなどが含まれており、風邪やぜんそく、膀胱炎、腎臓病、胆嚢炎などの予防や改善が期待できます。

裏白柏

本ページ内に記載の技情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。 これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に使用することはお避けください。

キーワードから探す

50音・アルファベットから探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

お問い合わせ

健康食品・サプリメント、化粧品などOEM受託製造のご相談・お見積りはこちらからご連絡下さい。

トップへ戻る