Materials

取り扱い原料

アキノワスレグサ (アキノワスレグサ)

ワスレグサ科の多年草です。学名の変種名に示されるように本種は常緑多年草です。そのために「トキワカンゾウ」の異名を持ちます。

中国原産で、日本では近畿以西の温暖な地域に見られます。この植物の仲間であるキスゲ属は、夏に花を咲かせる種が多いのですが、アキノワスレグサは最も遅く、秋に花を咲かせるので、この和名がつきました。キスゲ属はワスレグサ属とよばれることもあります。英名では「 1 日ユリ( day lily )」と呼ばれています。
沖縄ではアキノワスレグサを「クワンソウ」とよんでいて、食材として花(蕾)や葉、根を利用し、お浸しや味噌汁などに利用してきました。今でも沖縄で栽培されており、市場で売られています。

アキノワスレグサ

本ページ内に記載の技情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。 これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に使用することはお避けください。

トップへ戻る