Materials

取り扱い原料

バオバブ

キワタ科の高木で、大きいものでは高さが約20m、直径が10m以上にもなるため地球上に存在する最も大きな樹木と言われ、樹齢は千年を越えることもあり、人間が四足歩行していた時から存在したとも言われています。
アフリカ、マダガスカル、オーストラリアなどの亜熱帯地方から熱帯地方にかけて、比較的乾燥した地域に生育します。
名の由来は、アラビア語で「果実が多い」という意味であるbu hobabがbaobabに変化したことが由来とされています。また、上下逆さまにしたようなユニークな形から、アップダウンツリー(上下逆さまの木)とも呼ばれています。
近年、スーパーフルーツとして注目を集め、ビタミンCの量は、レモンと比較すると3倍になります。

本ページ内に記載の技情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。 これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に使用することはお避けください。

トップへ戻る