Materials

取り扱い原料

カラタチ

長江上流域が原産地で、日本には8世紀頃もたらされました。
未熟な果実を乾燥させたものを生薬名で枳実(きじつ)、ほぼ成熟した果実を枳殻(きこく)と呼びます。一般には夏至以前に採取したものを枳実、秋季に採取したものを枳殻とされます。薬効は前者の方が鋭いです。
ヨーロッパでは地中海沿岸に多く植栽され、生食には不向きなため、果皮がマーマレードに、また果汁が酸味料として利用されました。ポン酢は、オランダ語のポンスが語源となっています。

本ページ内に記載の技情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。 これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に使用することはお避けください。

トップへ戻る