Materials

取り扱い原料

カワラタケ

サルノコシカケ科の木材腐朽菌の一つ。針葉樹、広葉樹を問わず生育しています。
明け方の気温が13℃くらいの、春、秋に最も多く、一晩に5~6cmも生育し、黒色と灰色の層状になるため、わきあがる雲に見立てられます。色によりクロクモタケ、シロクモタケの呼び名があります。
キノコの多糖類であるβ・グルカン(カワラタケの場合はクレスチンと命名)が含まれています。

本ページ内に記載の技情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。 これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に使用することはお避けください。

トップへ戻る