Materials

取り扱い原料

松節 (マツブシ)

別名:

  • ショウセツ

中国の中南部の各地に分布するマツ科の常緑高木タイワンアカマツ(Pinus massoniana)やユショウ(P.tabulaeformis)などの松の枝や幹の節を用いります。松を基原とする生薬には、様々ありますが、シンギーの松節エキスは松の瘤(こぶ)のみを原料に使用しています。
自然の中で負った外傷を治すため、松が成分を集め瘤を作ることから、その瘤にはたくさんの成分が含まれていると言われています。

松は赤松、黒松などの五葉松類に区別され、タイワンアカマツなどは二葉松類であり、五葉松に比較すれば材質は硬くて樹脂が多いのが特徴です。松節にはセルロース、リグニン、精油のほか、松ポリフェノールが含まれています。

松節

本ページ内に記載の技情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。 これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に使用することはお避けください。

トップへ戻る