Materials

取り扱い原料

松樹皮 (マツジュヒ)

主な有効成分はプロアントシアニジン、フェノール酸、カテキン。目安量は1~2mg/日(1mg/体重1kg程度)と言われています。松樹皮であるフラボノイドポリフェノールはネイティブ・インディアンが松樹皮を煎じてお茶として飲んでいました。13世紀頃の記録では、フランス人の探検家がカナダ原住民から与えられた松樹皮と針葉を煎じたお茶を薬として使用したことも残っています。松樹皮抽出物の有効成分はOPCと呼ばれるもので、特に欧米では40年以上も研究・実験が重ねられたもので、その安全性・有効性は科学的に立証されているといえます。

本ページ内に記載の技情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。 これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に使用することはお避けください。

トップへ戻る