Materials

取り扱い原料

松茸 (マツタケ)

キシメジ科キシメジ属キシジ亜属マツタケ節の茸の一種。
食用としての歴史は、卑弥呼の時代からと言われ、平安、鎌倉、室町時代には貴族の間で贈答品として扱われていました。
江戸時代以降は、人見必大の『本朝食鑑』、貝原益軒『大和草子』など医学書に登場します。国内では長い食習慣があるが、朝鮮半島以外では食習慣はないといわれています。
ビタミンB1、B2、B6、ナイアシン、葉酸などがバランスよく含まれております。

本ページ内に記載の技情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。 これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に使用することはお避けください。

トップへ戻る