Materials

取り扱い原料

オリーブ

モクセイ科の常緑小高木で高さ7~18メートルに成長します。南ヨーロッパ、北アフリカ原産で、世界各地の暖かく乾燥した地方に栽培されています。モクセイ科の常緑樹で最古のハーブの一つです。夏~秋にかけて、黄白色で芳香のある小花をつけます。良く知られているオリーブの実は楕円体状の長さ2~3cmの液果で、紫黒色に熟します。未熟の果実を塩漬にして食べたり、また熟した果実から油をとってオリーブ油として食用、また化粧用の香油や石鹸原料、薬用などに使用されたりします。
新約聖書では「生命の樹」と呼ばれ、旧約聖書ではノアの方舟に鳩がオリーブをくわえて帰ったという記載がある、神聖な植物とされています。

本ページ内に記載の技情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。 これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に使用することはお避けください。

トップへ戻る