Materials

取り扱い原料

セイヨウシロヤナギ

セイヨウシロヤナギはヤナギ科の落葉小高木で、ユーラシア大陸から北アフリカに広く分布します。
近縁種が数多く存在し、2300年前にヒポクラテスが「ヤナギの皮を煎じて飲むと痛みがとれる」と著書に書いているように、古くから使用されてきました。
19世紀にフランスの科学者が柳の樹皮から苦くて黄色い針状結晶を抽出し、「サリシン」と名付けました。当時最大シェアを占めていた「キニーネ」という成分に代わり、天然の医薬品とされ、もてはやされました。しかしサリシンは実際に純薬として使われることはなく、かなり苦かったと言われています。
その後化学技術の進歩により、サリシンを分解してつくられる「サリチル酸」が生み出されました。

本ページ内に記載の技情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。 これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に使用することはお避けください。

トップへ戻る