Materials

取り扱い原料

銭葵 (ゼニアオイ)

別名:

  • ウスベニアオイ
  • ブルーマロウ

ヨーロッパ西部から北アフリカを原産とする、アオイ科マロウ属(ゼニアオイ属)の多年草です。
成分的には粘液質の多糖類でタンニン、濃い紫色をしている花の色は、アントシアニン系の色素を含んでいます。江戸時代に中国を経由して日本に伝わってきました。草丈は60~120cmほどで、丸い葉っぱを互い違いに生やします。春~夏にかけて、3cmほどの小さな紫色の花を咲かせます。この花の大きさが一文銭と同じくらいであったことから、名付けられたとされています。ハーブティーとして飲用すると、青く染まり、レモンを入れることで色の変化が楽しめます。

本ページ内に記載の技情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。 これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に使用することはお避けください。

トップへ戻る