Column

貴重なタンパク源である「蜂の子」

蜂の子には、タンパク質をはじめ人間の身体に必要な栄養素がバランス良く含まれています。人間の体内で生成することができない必須アミノ酸もその中の1つで、蜂の子は古くから健康維持サポートに役立つ存在として人気があります。

蜂の子に種類はあるの?

蜂の子に種類はあるの?

「蜂の子」という言葉を初めて聞いた…という人もいるかもしれませんが、そもそも蜂の子とは蜂の子供、つまり蜂の幼虫や蛹のことを指しています。

ミツバチだけ、と限定されているものではなく、スズメバチやクロスズメバチ、アシナガバチ、クマバチといった種類の蜂の幼虫・蛹も、まとめてすべて蜂の子です。

その中でもミツバチは、女王蜂・メス蜂はローヤルゼリーを中心になって生産する重要な役割があります。そのため、蜂の子で食用となるのは、ほとんどがローヤルゼリーを与えられて育ったオスのミツバチの幼虫です。

蜂の子は古くから貴重なタンパク質や栄養素の栄養源として注目されていて、海外・国内でも伝統的な郷土料理として親しんでいるところも数多くあります。昔ながらの食材を健康に活かす…蜂の子は様々な可能性を秘めた存在として今も愛され続けているのです。

中国の薬物学書にも蜂の子について記されている

中国の薬物学書にも蜂の子について記されている

蜂の子は数ある健康食品の1つです。

約2000年前に著された中国薬草の古典「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」や、約400年前に明の時代に李時珍が著した「本草綱目(ほんぞうこうもく)」という書物でも、蜂の子の品質の良さや健康維持サポートを手助けする、といった旨が記されています。

このように、蜂の子は歴史も古く、様々な可能性を秘めた食品として今もなお多くの人に愛されています。

日々の健康管理が気になったとき、身体に優しい商品を探しているとき、毎日を楽しみながら過ごしたいとき、蜂の子は豊富な栄養を含む健康食材として活躍します。

株式会社シンギーでは、都心や農地から遠く離れた山間部の専用養蜂場で、自然の花のみで育てた蜂の子の加工食品「バイタルビー」を販売しております。

こだわりを持って育てた「ビージソン21」蜂の子粉末を贅沢に使った健康補助食品で、生後21日目のオスの蜂の子だけを使用しています。蜂の子の商品が気になる方は、この機会にお取り寄せください。

健康補助食品として、蜂の子の加工食品をお探しでしたら、株式会社シンギーをご利用ください。徹底した品質管理体制と生産機器が強みで、健康食品・サプリメントのOEM受託製造を承っております。

あらゆる企業様のニーズに対応し、様々な自社製品をお届けいたしますので、購入にお悩みでしたらぜひ一度お問い合わせください。

最高の環境で育てた蜂の子なら!ビージソン21ブランド「バイタルビー」

会社名 株式会社シンギー
住所

〒102-0076 東京都千代田区五番町5−5 ヒューリック五番町ビル8F

代表者 代表取締役 藍澤 良友
事業内容 健康食品OEMの受託製造 / 自社ブランド商品の製造、販売
TEL

03-6380-9380

FAX

03-3237-8288

URL https://www.shingy.co.jp/
トップへ戻る